So-net無料ブログ作成

公正証書遺言について

 私ども行政書士は、日頃の相談業務で、遺言の作成についての相談を受けることがあります。そのとき「遺言書を作成されるのでしたら、公正証書になさるのがいいですよ」とお話しさせていただくことが多いです。

 今回は公正証書遺言についてお話ししたいと思います。

 民法に定めのある普通方式の遺言は次の3つです。

普通証書遺言
遺言者が遺言全文と日付及び氏名を自書し、これに押印したものです。
最も簡易な方式で、費用も掛からないというメリットがありますが、紛失・隠匿・改変しやすいというデメリットがあります。また、家庭裁判所での検認作業が必要となります。
秘密証書遺言
遺言の内容は秘密にしておきたいけれども、遺言の存在は明確にしておきたい場合に用いられる遺言の方式です。遺言者が署名・押印した遺言を封書にして公証人に提出します。
自書でなくてもよいというメリットはありますが、家庭裁判所での検認手続きは必要となります。
公正証書遺言
証人2人の立会いの下、遺言の内容を公証人に伝え、筆記してもらったうえで読み聞かせてもらいます。遺言者及び証人はその筆記に間違いがないことを確認して署名・押印します。
公正証書遺言には次の3つのメリットがあります。
1.遺言内容が公証役場の原簿に記載されるため、遺言の存在及び内容が明確となり、証拠能力も高く、滅失・変造の恐れも少ない。
2.自書ができない者であっても遺言をすることができる。
3.家庭裁判所での検認手続きが不要である。


公正証書遺言は費用が掛かってしまう点と内容の秘密を保てないというデメリットはありますが、あとに残された家族にとっては最も安心できる遺言の方式です。


http://office-oyama.biz/entry2.html をご覧いただくと、どのような場合に遺言が特に有効なのかについて記述しています。現在の年齢に関係なく、遺言を作成しておくことは重要な意味を持ちます。ぜひ参考にしていただければと思います。



個別指導学習塾HP:http://office-oyama.net/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0