So-net無料ブログ作成
検索選択

最近の子ども向け(と言われる)番組主題歌に関する一考察(笑)

IMG_0431.jpg 最近の子ども向け(と言われる)番組や映画の主題歌を聞いていると、歌詞や曲がいわゆる子ども向けというよりも、大人が聞いても十分楽しめる曲が増えているように感じます。むしろ積極的に主題歌が脚光を浴びているようにも感じます。

 番組や映画の中身も子ども向けというよりは、大人がお子様と一緒に見ても楽しめるものが増えているように感じています。


 私は仕事の関係(夜も仕事ですので…)で、テレビを見ることをあまりしてこなかった(できなかった)のですが、それでも何かの拍子に耳にすることはあります。主題歌で気になりだしたのは、10年ほど前、こんな歌でした。




 ウルトラマンメビウスの歌ですね。初めて聴いたとき、「何の主題歌なんだろう?」って思いました(笑)だってサビの部分に入ってもヒーローの名前が出てこないんですから。私が小さい頃の「ウルトラマンタロウ」や「ウルトラマンレオ」の主題歌とは全く違います。


 歌詞も考えさせられる詩になっているんですね。いわゆる番組のストーリーがきちんと散りばめられているんですよ(新人ウルトラマンであるメビウスが、防衛隊のメンバーやいろいろな人々とふれあいながら、そして敵と戦いながら成長していく物語だそうです)。こういう子ども向け番組を親子で見ながら会話しているっていいと思いませんか。


 このことがきっかけで、いつから子ども向けの番組主題歌がこのように変化していったのだろう、って考えるようになったのです。で、候補として見つけたのが、この曲でした。




 串田アキラさんが歌う「宇宙刑事ギャバン」です。串田アキラさんと言えば、「Go! Go! Muscle!」で有名な「キン肉マン Go Fight!」も歌っていらっしゃる歌手ですよね。

 当時は思いましたよ。

「若さ」=「振り向かないこと」(?)「愛」=「ためらわないこと」(?)(?)

ってね。でも今改めて詩を読んでみると、深いですよね。本当に深いです(笑)


 ゴールデンウイークですし、主題歌の詩をじっくり見ながら、親子で番組を楽しんで視聴するのもいいのではないかと思い、書いてみました。参考になれば幸いです。


 これは余談なんですが、私は行政書士としては登録して半年ほどの、まだ駆け出しということになるのですが、ご依頼を受けて、仕事の段取りを組みながら、「この手順のほうがスマートかなあ…」などと考えているときには、頭の隅のほうで、「はじめはだ~れも~ヒーローじゃない~♪」なんて曲が流れています(笑)

 音楽の力って偉大ですよね。


 写真は、2006年にガメラとジーダスの戦いで「破壊」された志摩パールブリッジです。家の近所なので…(笑)

 

行政書士事務所HP:http://office-oyama.biz/

個別指導学習塾HP:http://office-oyama.net/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: