So-net無料ブログ作成
検索選択

介護保険制度のまとめ

サツキ.jpg さて、昼間のリベンジをしたいと思います(笑)介護保険制度についてまとめます。


 日本は超高齢社会を迎え、要介護高齢者の増加、介護期間の長期化、介護する家族も高齢化しているなど、さまざまな問題を抱えています。


1.介護保険制度の仕組み…高齢者の介護を社会全体で支える仕組み

 住所地の市区町村が保険者となって運営されており、40歳以上の方が被保険者となって保険料を負担します。介護が必要となったときは、要介護認定を受けて、介護サービスを利用する仕組みとなっています。利用料の支払いは原則1割負担となっています。


2.被保険者の種類

ア)第1号被保険者…65歳以上の方全員。保険料は居住する市区町村での介護サービス水準により変わり、所得に応じて5~6段階の差が設定されています。

イ)第2号被保険者…40歳以上64歳以下の医療保険加入者全員。保険料は各医療保険者ごとに決定されます。


3.どのような状態になったときに利用するのか?

ア)第1号被保険者

① 要介護状態…入浴・排泄・食事など、日常生活活動について介護が必要な状態

② 要支援状態…要介護状態となるおそれがある状態

イ)第2号被保険者…要介護・要支援状態が、脳卒中・初老期認知症など加齢に伴って生じた特定疾病による場合に限定されています。


※ 特定疾病(16種類)

1.がん≪がん末期≫
(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至っ
たと判断したものに限る。)
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症
4.後縦靭帯骨化症
5.骨折を伴う骨粗鬆症
6.初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
7.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病≪パーキンソン病関連疾患≫
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症(ウェルナー症候群)
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患(脳梗塞、脳出血等)
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎等)
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症


4.利用までの流れ

① 要介護・要支援の認定を申請する…市区町村に申請します。居宅介護支援事業者に代行してもらうこともできます。

② 調査…調査員が自宅等を訪問し、聞き取り調査を行います。また、市区町村の依頼により主治医が意見書を作成します。

③ 審査・判定…一次判定・二次判定が行われます。

一次判定…調査の結果データや主治医の意見書をもとに、コンピュータを使って判定します。

二次判定…一次判定の結果や主治医の意見書などをもとに、介護認定審査会において、どの程度の介護が必要なのかを判定します。

④ 認定結果の通知

ア)要支援1~2…介護予防サービスを利用します。

イ)要介護1~5…介護サービスを利用します。

ウ)非該当…居住する市区町村の介護予防事業を利用します。


5.要介護度別の状態のめやす(絶対的なものではありません)(静岡市ホームページより引用)


状態区分 各 状 態 区 分 の 平 均 的 な 状 態
要支援1 ①居室の掃除や身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。
③排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。
要支援2 ①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある。
④排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。
要介護1 ①~④は、要支援2に同じ。
⑤問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護2 ①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話の全般に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とする。
④排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがある。
⑤問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護3 ①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話が自分ひとりでできない。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作が自分ひとりでできない。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分でできないことがある。
④排泄が自分ひとりでできない。
⑤いくつかの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護4 ①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分ひとりではできない。
④排泄がほとんどできない。
⑤多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護5 ①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作がほとんどできない。
④排泄や食事がほとんどできない。
⑤多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

 今日もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。


行政書士大山佳俊事務所HP:http://office-oyama.biz/

個別指導学習塾 俊英塾HP:http://office-oyama.net/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0