So-net無料ブログ作成
検索選択

障害者総合支援法のまとめ その2

IMG_0817.jpg 前回の障害者総合支援法のつづきです。サービスの内容についてまとめます。


 障害者総合支援法のサービスには、個々の障がいのある方の障碍程度や勘案すべき事項(社会活動や介護者、居住等の状況)をふまえて支給決定が行われる「障害福祉サービス」、地域生活への移行及び定着を目的とした「地域相談支援」、市町村の創意工夫により、利用者の方々の状況に応じて柔軟に実施できる「地域生活支援事業」があります。


 「障害福祉サービス」は、介護の支援を受ける場合には「介護給付」、訓練等の支援を受ける場合は「訓練等給付」に位置付けられており、それぞれ利用までの流れが異なります。


1.福祉サービスのシステム


①介護給付

(ア)居宅介護(ホームヘルプ)…居宅で生活されている方に対し、ホームヘルパーが居宅を訪問して、食事・入浴・排泄などの身体介護や、調理・掃除などの家事援助を行います。

(イ)重度訪問介護…居宅で生活されている重度の肢体不自由者又は重度の知的・精神障碍により常に介護を必要とする方に対し、ホームヘルパーが居宅を訪問して、食事・入浴・排泄などの身体介護や、外出時における移動支援などを総合的に行います。

(ウ)同行援護…居宅で生活されている視覚障碍のある方で、移動に著しい困難を有する方に対し、ガイドヘルパーが移動に必要な情報の提供、移動の援護などの外出支援を行います。

(エ)行動援護…居宅で生活されている行動上の自己判断能力が制限されている方に対し、行動するときの危険を回避するために必要な支援や外出支援を行います。

(オ)重度障害者等包括支援…寝たきりの状態にあるなど介護の必要性が非常に高い方に、重度訪問介護など複数のサービスを包括的に行います。

(カ)短期入所(ショートステイ)…居宅で介護する人が病気の場合などに、一時的に、夜間も含め施設や事業所で、食事・入浴・排泄などの身体介護やその他必要な日常生活の支援を行います。

(キ)療養介護…医療的ケアと常時介護を必要とする方に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護や日常生活の支援を行います。

(ク)生活介護…常時介護を必要とする方に、日中、食事・入浴・排泄などの身体介護の提供、生活に関する相談・助言やその他必要な日常生活の支援を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会の提供やその他身体機能又は生活能力の向上のために必要な支援を行います。

(ケ)障碍者支援施設での夜間ケア等…施設入所する方に、夜間や休日における食事・入浴・排泄などの身体介護、生活に関する相談・助言やその他必要な日常の生活の支援を行います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域